不動産利用┃不動産物件に関する情報を多めにget

外国人の購入

法律家に相談すること

外国人が日本国内で一戸建てを購入するときには、不動産会社ではなくまず法律家に相談しなくてはいけません。 この場合の外国人というのは、日本国籍を持っていない人のことを言います。 現在、日本国籍を持っていない人が不動産を購入するためにはそれ専用の手続きをしなくてはいけないのです。 外国人には外国人専用の登記の方法が存在し、この手続きを得ないと正しく手続きが出来なくなってしまいます。 このような外国人の登記のことを渉外登記と言います。 渉外登記を利用するときは、専門の法律家が側に付いている必要があります。 不動産の購入を不動産会社と外国人だけで検討することは難しいため、購入の検討の段階で相談しておくことが大切なのです。

資料を持って相談に行く

渉外登記をするためには、その人が本当に外国人であるということを証明する必要があります。 この場合、その国の大使館が日本国内に存在しますのでその大使館から証明書を発行してもらう必要があるのです。 不動産の購入は日本人でなくても可能ですが、日本国内で購入された不動産には必ず登記が必要です。 一戸建ての場合は、司法書士などの専門の法律家に依頼をすれば速やかに渉外登記を行ってくれます。 こうした登記が必要になるのは、外国人の滞在期間が最初から決められているからに他なりません。 外国人は、ビザによって滞在期間が決められているため一戸建てを購入しても通年でそこに住むことが出来るわけではないのです。 そのため一戸建てに関する専用の手続きを法律家を利用して行う必要があります。